男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

【育休中にしておくべきこと】体のメンテナンス

先日、ここ4ヶ月をどのように過ごしていたかを振り返りましたが、その他にも育休中にしてよかった事をまとめていきたいと思います。

 

【生活習慣の見直し】

育休中ではあるものの、会社の健康診断に引っかかった結果、僕は再検査を受けました。引っかかった項目は " 総コレステロール " " LDLコレステロール " " 中性脂肪 " " 肝機能(GPT)" の 4つで、再検査・要経過観察 という評価でした。

僕は 30 代 , 171cm , 51kg という『痩せすぎ』体型にも関わらず、「コレステロール値が異常で、肝障害。相当ヤバいです。」とまで再検査で面談した医師に注意されるほどでした。

そこで、僕の妻は『生活習慣病予防アドバイザー』という民間資格の勉強を始め、日々の料理も健康的なものとなりました。そんな妻がキッカケとなり、育休に入ってからは以前と比べて健康的な生活へと変わりつつあります。

 

・仕事中の間食、昼夜の外食、飲み〆のラーメン

健康的な朝食、昼食、夕食

・毎日飲んでいたアルコール

週 2日の完全休肝日

・運動は、1年間で会社の運動会のみ

筋トレ or ボクシング という適度な運動

・長年の好き嫌い

サプリメント・プロテインによる栄養補助

 

生活を変えて、まだ 2,3ヶ月ほどですが、健康診断の結果と比較して全体的に数値がよくなりました!

f:id:Papa-Seikatsu:20191112074844p:image

 赤十字で献血をすると、血液の検査結果が記録されます。Web上で過去分を比較できるため、年 1回の健康診断以外の自己管理としてもオススメです。

 ※ 僕は白血球が少ないと指摘され、ここ 3年間は献血を控えていました。いまさらながら過去のデータを比較すると徐々に数値が悪化していたのに気付きます。あの頃から生活を変えられていれば...と、この機会に献血を再開し、毎年 2,3 回は400mlの全血を行う予定です。

 

【体調検査、予防】

先の【生活習慣の見直し】にもつながりますが、まずは現在の状態を把握する事が重要です。

誰にでも出来る事としては、健康診断、献血などがあげられます。若い方は自費となり少々高いですが、人間ドックも受けられます。最近は麻酔で寝ている間に内視鏡検査が終わるものもあり、だいぶ楽になっています。(麻酔を使うと1万円ほど高くなります。胃カメラ全身ドックを麻酔で受けましたが、6万円近くしました。)

 

育休中はまとまった時間は確保しにくいですが、多少の融通はきかせやすくなります。会社の有給を使ってまで、体のメンテナンスをしてきた方は少ないと思いますが、この機会に体で気になる点があれば、積極的な検診、検査、通院をオススメします。特に、虫歯にならないと時間を割きづらい定期歯科検診は優先的に行きましょう!!