男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

【『育児ストレス』】はつきもの。自分を責める事はない!

大好きな家族、

愛おしい愛息子、愛娘と過ごす、

育休という大切な時間。

仕事ストレスからも切り離されて、

幸せな毎日を想像する事でしょう。

 

でも、私たちはそんなに単純ではありません。

『育児』は仕事以上にストレスを生み出します。

 

夜中の泣叫び。何故パパは起きない!?

夜中にギャン泣きする赤ちゃん。

あやしながらミルクづくりに翻弄するママ。

パパはその横でグッスリと熟睡。。。

赤ちゃんがミルク欲しいと夜中騒いでも、

ママばかり起きてパパが起きないという話はザラ。

実は女性の脳の方が赤ちゃんの泣き声に敏感なんです!

コレは昨日もご紹介した オキシトシン が原因です。

 

◇ 出産後から妻の言動がキツい。俺、何かした!?

産後はママのホルモンバランスも崩れており、

気持ちが安定しない事が多々あります。

でもね、 “本当に” 何もしてないのかもしれませんよ!

男性の育児は ”遊び” が中心になりがち。

ママが本当にして欲しいのは “お世話” です!!

気が向いた時に赤ちゃんをあやすだけではなく、

ミルク、オムツ替え、お散歩時のお世話道具準備、

パパにも出来る事は沢山なんです。

 

◇ 泣き声が耳障り。親として失格なのかな!?

決してそんな事ありません!!

赤ちゃんの泣き声は騒音なんです。

だって、周波数が同じなんですもの、、、

、、、何と同じかって!?

救急車のサイレン、目覚まし時計のアラーム、

あとは 黒板を爪で引っ掻く音にも近いそうです。

 

特に 忙しい時や泣き止んでくれない時など、

赤ちゃんの泣き声に責め立てられる気分になるかもしれません。

泣き声はサイレンではなく、

何かをして欲しい、というサインなんです。

サイレンのように不快に感じる時もありますが、

サインだと思って泣き止ます事が出来れば、

きっと赤ちゃんも笑ってくれるはず。

ちなみに、赤ちゃんの笑い声 の周波数は、

川のせせらぎ といった癒される音に近いらしいですよ!

 

 

育児でストレスを感じるのは当然です!

だから ストレスを感じる自分に悩むのではなく、

ストレスの本当の原因を理解しましょう。

その上で、開き直らずに向き合えば、

軽減していく事は可能なはずですから。