男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

【病院なび】パパ・ママが体調を崩した時に!

30代も半ばとなり、毎年の健康診断でも再検査が続くようになりました。育休取得中にも関わらず、再検査のために会社に向かう辱めを受け、いよいよ自身の体調が心配になってきました。

そんな中、訳あって韓国のホテルに滞在する機会がありまして、ダラけきった体に喝を入れるべくホテルのジムで懸垂を開始したのですが、、、10回を過ぎたところで、胸の奥の部分(心臓のあたり)が強烈に痛みだし、もがき苦しむハメとなりました。

 

胸(心臓)の痛みという恐怖

狭心症(心臓麻痺を引き起こすヤバいやつ)

胸の奥が締め付けられるような痛みとしては、狭心症、気胸 が疑われます。狭心症は親近への酸素不足が原因となり、胸が広範囲に渡り締め付けられるように痛み、15分程度で治るという特徴があります。心臓麻痺を引き起こすヤバいやつです。

僕の場合も20分程度もがいたところで落ち着き、同日中は階段を駆け上がったり、シャワーを浴びたりしてるだけでも、同様の痛みに襲われていました。狭心症には種類がいくつかあり、自分が動作を行う際に引き起こす『労作性狭心症』だと信じ込んでいました。。。

しかも場所は韓国。帰国まで数日という中で、無事に帰れるのか怯えておりました。

気胸(肺に穴が空く怖いやつ)

狭心症と同時に検索にヒットたのが気胸。日本に帰国してから検査した際にもコチラの可能性を心配されました。(狭心症は年齢的に30代では若すぎるという事、健康診断でヤセすぎという評価を受ける体系的にも可能性が低いという事から除外されたそうです。)

気胸は、転落や交通事故などで折れた肋骨が肺に刺さって穴が空くケースだけではなく、肺疾患を患っていて自然に穴が空くケースや、肺疾患を患っていなくとも自然に穴が空くケース(長身で痩せ気味の若い男性がなりやすい)があるらしいです。。。

 

病院なび(株式会社 eヘルスケア)

韓国で怯えている中、どうにか相談先を探して辿り着いたのが、株式会社 eヘルスケア が提供する【病院なび】というサービスでした。病状を相談すると、ボランティアで最大 3名のお医者さんがアドバイスをくれるというサービス内容です。

 

その日の夜から明け方にかけて 【緊急性はないと思われるが、内科・循環器科を受けてください】【狭心症 "ではない"という事を確認するのも大事な事なので、早めに診察を受けてください】という 2名の方からアドバイスをいただけました。

帰国後の診察としては【特別な心配はない】という結果に落ち着き、安心した次第ですが、隣国とは言え日本語の通じない国、医療保険などの制度を知らない国で、心配が大きくなる中、このサイトに出会えたのは本当に幸運でした。

 

2018年からベータ版を展開されているようで、今更ながらとなりますが本当に素敵な医療サイトだと思います。病院なび様、ありがとうございました!心より感謝してます。

早朝・深夜といった時間外や、僕のようにスグには病院を伺えない事情がある方など、コチラのサイトにお世話になってみられては如何でしょうか!