男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

【育休でスレ違う理由】褒められたがりな、自称イクメン達

少し前に金曜ロードショーで、

『未来のミライ』が放送されていました。

是非とも、育児休業を取得する方、

イクメンを目指している方 に見て頂きたいです!!

 

主人公の父親は、建築家としてフリーになり、

家で仕事をしながら主夫業もこなしています。

主人公の育児の時は仕事を理由に逃げており、

2人目 (妹) の出産を期に育児に関わり始めます。

 

僕には、この父親像がとても胸に刺さりました。

 

“ 家で主夫業をしている “ という響きを求めながら、

料理・掃除・肝心の育児もお粗末。

それでも 近所の奥さんに “ イクメンのポーズ “ を取っています。

そしてその情けない姿は妻にバレています。

 

育児休業を考える前から、

イクメンを目指す前から、

つまり “ 子供が産まれる前から “ 、

家事を分担している男性がどれほどいるでしょうか?

恥ずかしながら以前の僕は、

風呂掃除と玄関掃除くらい。

あとは気が向いた時に料理を作り、

気になった場所を掃除する程度でした。

 

男性はついついカタチから入りがちです。

“ イクメン “ というわかりやすい記号を目指し、

そんな自分を褒めてもらいたがりです。

自分が周りのパパと比べていかに協力的か。

相手が周りのママと比べていかに幸せなのか。

 

でもね、、、

ママから見たら、自分の子供の事なのだから、

それは全て『当然の事』なんですよね。

 

女性は出産前から、しっかりママになります。

お酒を控え、タバコの煙を避け、

趣味を中断する事もあるでしょう。

だからこそ男性にも対等な『パパ』を求め、

手伝っている、という意識ではなく、

もっと主体的にやって欲しい!

と感じる事でしょう。

ここでスレ違いが生まれてしまいます。

 

育児休業は、育児に集中するための手段です。

育児が続いてる以上、

『育休を取得した、イクメンな自分』で満足せず、

積極的に関わっていきましょうね!

 

 

ただ、、、ママたちにもわかって欲しいんです。

 

パパは今までやってこなかった事に挑戦を始めたんです。

ママたちにとっては、いまさらな挑戦かもしれませんが、

『適度に褒めてあげる』のが、 

我々パパを動かす、

最大のコツなんですよ!!!

 

 

「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]

「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]