男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

完全母乳(オッパイ)で育てるメリット・デメリット

昨日は完全ミルク(完ミ)で育てるメリット・デメリットについてまとめました。

そのため、今日は完全母乳(オッパイ)で育てるメリット・デメリットについて触れたいと思います。

 

◇ 完全母乳(オッパイ)の メリット

・完全ミルク(完ミ)と比較して、乳幼児突然死症候群の発症率が低いとされます。

・完全ミルク(完ミ)よりも子宮収縮が早まり、産後の回復が早いとされます。

・寝かしつけの際、母乳は冷ます必要がない点で気軽にあげられます。

・ミルクをつくる費用、手間暇がかかりません。

・カロリー消費になるため、産後ダイエットにもなります。

 ※ 授乳により 1日 600 - 800kcalを消費するとされます。

・赤ちゃんが肥満になりにくいです。

 ※ 求めるだけ与えて問題ありません。

 ※ ただ産まれたばかりの赤ちゃん(新生児期)は哺乳力が弱いために量が少ない事も多く、回数を増やしてあげる必要があります。

・ママから母乳を通して免疫を与えられます。

・オキシトシンが出るため、赤ちゃんに安心感を与えられます。

 

 

◇ 完全母乳(オッパイ)の デメリット

・授乳回数が多くなってしまいます。

・人に長時間預けられないため、ママへの負担になりがちです。

・授乳中はアレルギー等を気にし続ける必要があります。

・授乳量がわからないため不安になる事があります。

 ※ どれくらい母乳が出るか調べておいた方が安心です。

・吸われ続ける事で、ママのオッパイにトラブルが起こる事があります。

・ビタミンD が不足しがちになります。

 ※ママが ビタミンD をつくるためには、適度な日差しが必要です。日光浴までいかずとも、毎日両手の甲程度を 15分ほど日光にあてるくらいで大丈夫ですよ!

 

 

如何でしたでしょうか?

完全ミルク(完ミ)も完全母乳(オッパイ)もそれぞれメリット・デメリットがあります。自分がいいと思った方法で子供を育てる事から、先輩ママやパパの意見が分かれるのも当然ですよね!

メリット・デメリットを見比べて、各々の家庭や体調にあった方法を選んでください。