男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

【旅行は何ヶ月目?】何歳から赤ちゃんと旅行する?

現在、赤ちゃんを連れて、

都心から故郷東北までの帰省道中です。

家族の旅行も兼ねて自動車移動なのですが、

荷物が 2人の時の比ではありません。。。

 

それはそうと、都心からの帰省方法を悩むにあたり、

移動で気になるポイントを調べました!

ネットでは 1週間で海外帰省した猛者から、

半年くらいして落ち着いてからという慎重派まで、

様々な声が飛び交っています。

赤ちゃんとの旅行、両親や親類への挨拶、

何ヶ月からが安心なんでしょうか?

 

◇ 旅行の目安

少なくとも生後 1ヶ月は控えましょう!

1ヶ月検診を終えると、

數十分程度、近所の散歩が可能になります。

外の光や空気に慣れてからと考えても、

一つの目安は首がすわってからと言えそうです。

電車にせよ飛行機にせよ、

首がグラついた状態で数時間抱き続けるのは、

親子ともに体力が消耗しますからね。

自動車にしても、チャイルドシートは窮屈です。

1時間おき程度に休憩をして、

自分も休憩しながらミルクに奔走するのは、

首がすわる前と後では大違いです!

 

◇ 乗り物酔い

さて クビがすわり、いよいよ出かけるというその前に、

もう一点気になる事が出てくるかもしれません。

一体、何歳から乗り物酔いが始まるのでしょうか?

実は 0歳児 から乗り物酔いになると言われています。

ただし、本格的には 2,3 歳頃から酔う子が増えるようです。

 

以前、タクシー運転手の方に聞いたことがあるのですが、

乗り物に酔う原因はスピードの変化や揺れにあるそうです。

そのため新幹線のように安定している乗り物は酔いにくく、

飛行機の乱気流のように機体がブレたり、

スピードにムラのあるドライバーの車は酔いやすいとの事。

つまり、高速道路のような環境で、

安全安心な運転を心がければ、

自動車の酔いはある程度防げるようですね!

今まで以上に、交通安全に気をつけましょう!!

 

さらに加えると、ゆとりのある衣服、

出発前にお腹を満たしてあげるのがいいようです。

シートベルトでも締め付けられるため、

そもそもの衣服がキツいと非常に苦しくなってしまいます。

ドライバーの気分転換も兼ねて、

1時間に一度は車から降ろしてあげたいところです。

また 空腹時は自律神経が過敏になり、

乗り物酔いしやすくなるそうです。

さらに寝不足も自律神経を乱す要因となるため、

遠出の前はいつも以上に気にかけてあげましょう。

 

 

旅行が趣味の方も多いと思いますが、

どうしても 赤ちゃん と大人は違います。

違いを理解した上で、大人も子供も楽しめる、

安全な旅行に努めたいものですね。

 

f:id:Papa-Seikatsu:20190904225910j:image