男の育休取得中!新米パパ育児

新米パパの育児休業における悩みやらあれやこれや

給与 ⇆ 子育時間のトレードオフ⁉︎ 育児休業給付金!

育児休業給付金については、

多くのサイトで詳細が語られています。

詳細を知りたい方はそちらを探していただき、

僕は簡単にまとめさせていただきます。

 

【給付対象】

・1歳未満の子供がいる。

 ※ 条件を満たせば最長 2歳まで延長できる事があります。

・育休前の 2年間、1ヶ月に11日以上働いた月が、12ヶ月以上。

・雇用保険に加入している。

 ※ 自営業は対象外ということですね。

・育休期間中の 1ヶ月単位にて、休業開始前の賃金の 8割以上支払われていない。

 ※ 育休中にボーナスが支払われても対象外です!

    → 賃金 (臨時の賃金、3ヶ月を超える期間ごとの賞与は除く) と定義されます。

・育休期間中に就業している日数が各 1ヶ月に10日以下。

 

【給付金】

・開始から180日目までは、休業開始前の 67%、

    181日目からは 50%が支払われる。

・社会保険料が免除される。

 ※ 日割計算ではなく、月単位です!

    月末最終日でもその月分が免除されます。

    → “『育児休業を取得した月』から、育児休業を終了した日の翌日の属する月の前月まで” 

 ※ 上記により、180日目までは、

    育休取得前の手取り 8割程度と言われます。

 ※ 給付には 2,3ヶ月かかるため、余裕資金を準備しておきましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日記載の通り、僕は有給休暇から消化をし、

8月最終週から育児休業に入りますが、

社会保険料免除を目的としたわけです。

 

育児休業給付金の算出ツールを公開してる方もいるため、

申請される前に試算される事をオススメします!

僕は手取りが育休前月額の 78%という結果でした。

 ※ ボーナスは計算に入りません。

    ボーナスを考えると、、さらに 20%は減ります。

それでも僕が踏み切ったのは子供と過ごせる時間のためです。

 

有給期間を含みますが、子供と過ごせる時間が、

なんと、、、2,340時間増える試算でした!!

( 職場と家が遠いため、往復時間込みで毎日13時間、

  会社に費やしています。残業すればさらに ...)

もしも 育休を取得せず、

休まずに 9ヶ月の育休と同じ時間を過ごすためには、

48ヶ月 かかる計算なんです!

 

48ヶ月 ... 4年分の子育て時間を貰えると考えると、

十分休む価値があると思ったわけです。

それでも収入減は大きな打撃となります。。。

育児のために、いくらまでなら妥協出来るのか。

じっくり、家族と相談しておきましょう!